メインイメージ

Sample Site

予防接種のおなはし

病気は、治療よりも予防です。予防の中心をなすものが「予防接種」です。

このページには、予防接種のこと、当院での年齢別おすすめスケジュール、ワクチン個別の説明を書いてあります。
当院での考え方の基本は、①「より早く」、②「同時接種で」です。
ワクチンは接種して効果が期待できます。接種できる年齢・月齢になったらすぐ接種開始がいいでしょう。
また、同時期に接種したいワクチンは複数あります。一つずつだと、待っている間に罹ってしまう心配もあります。同時接種がより多くの免疫を早く獲得でき理想と考えます。

臨時の変更点など

2020/03/25
特にありません。ワクチン流通も順調です。

年齢別のワクチンスケジュール

0歳「ワクチンデビューは生後2か月!」

生後2か月:ロタウイルス①+B型肝炎①+ヒブ①+小児用肺炎球菌① →4週間あけて→
生後3か月:ロタウイルス②+B型肝炎②+ヒブ②+小児用肺炎球菌②+四種混合① →4週間あけて→
生後4か月:ヒブ③+小児用肺炎球菌③+四種混合② →3週間以上(4週後推奨)あけて→
生後5か月:四種混合③+BCG
生後8か月:B型肝炎③

当院でのロタウイルスワクチンは1価2回接種型、です。
B型肝炎③回目は、1回目の6か月後を推奨しています。

1歳「MRワクチンは1歳のお誕生日に!」

1歳0か月:MR①+水痘①+おたふくかぜ① →4週間あけて→
1歳1か月:ヒブ④+小児用肺炎球菌④+四種混合④
1歳6か月:水痘②

MR=麻疹風疹混合ワクチン、です。
水痘②回目は、1回目の3か月後からできますが、6〜12か月後の接種を推奨しています。

3歳、4歳の予防接種

3歳:日本脳炎① →4週間あけて→ 日本脳炎②
 1週間以上の間隔で接種できますが、4週間間隔を推奨しています。

4歳:日本脳炎③
 ①回目の1年後を推奨しています。

★日本脳炎は生後6か月から接種可能です。流行地(東南アジア等)に行かれる方などは早めに接種しましょう。

年長さんのMRを忘れずに!

年長さん:MR②+おたふくかぜ②
 年長さんの4月〜6月の接種を推奨しています。

小学生の予防接種

9歳〜12歳:日本脳炎④
11歳〜12歳:二種混合(=三種/四種混合の⑤回目)

中学生女子の予防接種

中1〜高1:HPV(ヒトパピローマウイルス/子宮頸がん予防)。以下どちらかで3回接種。
 ①回目 →1か月→ ②回目 →5か月→ ③回目:(2価)サーバリックス
 ①回目 →2か月→ ②回目 →4か月→ ③回目:(4価)ガーダシル

パンフレット/PDFファイル

予防接種のご案内

任意接種の説明

任意接種の予診票

こやなぎ小児科のページに戻る